F1.8が写す世界(EF28mmF1.8USM)

EF28mmF1.8USMが持つ絞り開放時のF値=1.8が写す世界の魅力について。
c0053691_22462547.jpg

カメラ機種名 Canon EOS 20D
撮影日時 2005/03/02 19:44:27
撮影モード 絞り優先AE
色効果モード 切
Tv(シャッター速度) 1/25
Av(絞り数値) 1.8
測光方式 評価測光
露出補正 0
ISO感度 400
レンズ 28.0mm
焦点距離 28.0mm
ストロボ 非発光
ホワイトバランス オート
AFモード SINGLE AF
現像パラメータ トーンカーブ 標準 シャープネスの強さ 0 色あい 標準
ノイズ低減 切




c0053691_22483683.jpg

カメラ機種名 Canon EOS 20D
撮影日時 2005/03/02 19:44:28
撮影モード 絞り優先AE
色効果モード 切
Tv(シャッター速度) 1/25
Av(絞り数値) 1.8
測光方式 評価測光
露出補正 0
ISO感度 400
レンズ 28.0mm
焦点距離 28.0mm
ストロボ 非発光
ホワイトバランス オート
AFモード SINGLE AF
現像パラメータ トーンカーブ 標準 シャープネスの強さ 0 色あい 標準
ノイズ低減 切
*リサイズのみ 三脚使用せず

F値(F1.8やF4.0など)とは・・
以下Canonのレンズ解説より

「レンズの明るさを表しています。
レンズの口径を焦点距離で割った数値の逆数をF値といい、この値が小さいほど
明るいレンズといえます。明るいレンズはファインダー像が見やすい、
絞り開放時のボケが大きい、より速いシャッターが切れるなど多くのメリットがあります。」

この至近距離でこれだけ背景がボケるのはやはりF1.8の魅力でしょう。
背景がボケることで被写体が浮かび上がり引き立って見えます。
何より普通?のファミレス(ジョリーパスタ)で撮った写真も
なんか外国のカフェで撮ったような写真に。(そうゆう問題か?)

ボケ以外の魅力としてシャッター速度。
今回使用のEF28mmF1.8USMで1/25秒。
しっかり抑えれば手振れは防げる。
一般的に手振れをしないシャッター速度は「1/焦点距離」。
このレンズなら「1/28」。

以下のレンズも絞り(F値)とF値が最小となる焦点距離にして
その他ISO感度など同条件ならば

人気のSIGMAの18-50mm F2.8 EX DC でも1/10秒。
手振れしないで撮るには難しい速度。

EOSKissの専用レンズとして発売された軽量コンパクトが魅力の
EF-S18-55mm F3.5-5.6 USM (Ⅱ)では1/6秒。
手振れがなければ奇跡。

私も持ってるEF-S17-85mm F4-5.6 IS USM だと1/5秒。
ISのお陰で手振れは防げても被写体ブレが起きないのは未知との遭遇。

こんな魅力いっぱいな単焦点レンズ。(ズームでF1.?は知る限り無い)
ズームがないなんて今どき考えられないなどと思っていたころが
ウソのようにお気に入りになってしまった。

唯一不満なのが一度手にしたらレンズほしい病に感染してしまうことでしょうか・・・。

◇参考になった方はこちら◇
        ↓
人気ブログランキング
[PR]
by CanonEOS20D | 2005-03-03 23:21 | EF28mmF1.8USM
<< 続・レンズによる明るさの比較と... レンズによる明るさの比較と露出補正 >>